個人再生にかかる費用について※個人再生をする前に知っておこう!

個人再生にかかる費用について※個人再生をする前に知っておこう!

個人再生にかかる費用について※個人再生をする前に知っておこう!

個人再生とは民事再生ともいい、借金の返済が困難であることを裁判所に認定してもらうことで、この認定が通ることで、借金の大幅な減額がをしてくれることを法律で規定されているのです。借金の金額にもよりますが、借金の総額が5000万円以内であれば申請可能であり、多くは20%前後へ借金の減額が認定されれば、その金額を3年から5年の間にかけて分割で返済することが可能となります。
通常の債務整理であれば、裁判所において債務確定と債務者の資産保全が行われ、次の段階では強制執行などが行われます。債務整理では、裁判所が絡んでくるため、ほとんどの資産を失うため、個人再生はほどとおい結果となるため、できるだけ弁護士と相談した上で、個人再生を行う方が後々の再生が可能であるといえます。
この個人再生のための費用には、平均的には弁護士費用だけですみます。
債務整理には、個人再生の他に任意整理もあります。この任意整理では、司法書士に委託して、債務の確定を行ってくれます。特に債務の中に、利息制限法を超えた利息を過去に支払っていた場合には、この支払った利息を無効として、元本部分に充当して、債務金額を圧縮してくれるのです。この任意整理でも平均的な費用は、司法書士への平均的な報酬の支払だけですむのです。
個人再生も任意整理も同じ債務整理ですが、その趣旨は、債務返済を行いながら通常の生活や事業も継続していくことを念頭においた処分なのです。